リアル×デジタルマーケティングのヒントが集まる

飲食店業界が今着手すべきDXとは

現在、飲食店にとってコロナ禍の中での集客は大きな課題です。

店頭でチラシを配ったり呼び込みをしたりするのも人手不足やこのご時世では難しかったり、それに見合った効果がなかったりと集客方法に苦戦している方も多いはずです。

こうした中で最近注目されているのが、デジタルトランスフォーメーション(DX)を取り入れた手法です。

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは、AI(人工知能)などのIT技術を用いて、企業の経営形態に変革をもたらすことで、今では集客戦略にも取り入られています。

そこで今回は、デジタルトランスフォーメーション(DX)を飲食店に取り入れることによる販促、集客の効果についてご紹介いたします。

目次

1. 飲食店のDX化

飲食店のDXと聞いてまず思い浮かぶのは、デリバリーサービスを使ったモバイルオーダーやキャッシュレス決済かと思います。

たしかに顧客満足度を向上させるためには、有効な手段でありDX化の中でもその優先順位は高いといえるでしょう。

では、販促の側面で考えた際にどのような手法があるでしょうか。本記事では、「クラウドサイネージ」の導入をおすすめします。

2. DXでなぜサイネージ導入?

飲食店がDX化を推進するメリットを考えた時、下記の2つが考えられます。

●集客力・販促力の向上

●業務効率化によるスタッフの負担軽減

飲食業界では、コロナ禍による時短要請などに伴い、人手不足が問題になっています。

人手が足りない店舗では、業務をなるべく効率化するとともに、省人化を実現するツールの導入なども検討すべきです。

デジタルサイネージの導入はポスターなどの印刷物の削減から、貼替えによる人的コストの削減、客単価増加を目的とした販促プロモーションなど、幅広くタイムリーなプロモーションへの活用が可能です。

例えば、店頭のメニューボードや店内ポスターをサイネージにすることで、データ入稿・校正・印刷・貼り替えなどの手間を省きリアルタイムに新しい情報を映像や画像で分かりやすく即座に配信可能です。

また、動画での訴求は「シズル感」を出せるため飲食店との相性が良く、高い視認性と販促効果の向上が期待できます。

デジタルサイネージ化することで注目度、訴求力が増し集客率と売上アップに繋がることが大きなメリットです。

3. 飲食店×クラウドサイネージでできること

① 時間帯別メニューの更新

時間帯によってのメニュー変更も簡単に切り替えられ、手間やコストをかけずに、訴求力を高めることができます。

一般的に飲食店では、時間帯によってアピールしたい客層が違い、提供するメニューも異なります。

クラウドサイネージであれば、時間帯ごとに表示したいコンテンツを切り替えることが可能です。

例えば、朝は「モーニングセット」、ランチタイムにはリーズナブルな「ランチメニュー」、など、時間帯によってコンテンツの表示内容を変えることで、狙った客層に向けて訴求できます。

時間帯だけでなく、平日・土日・祝日など、曜日によって表示を変更することもでき、スケジュールは専用システムで管理が可能です。

イベント告知や期間限定メニューの紹介

イベントや期間限定メニューなどを告知するために店内に掲示しているポスターなどの紙媒体を新しい情報に差し替えたいと思った時、手書きやパソコンで作って印刷したPOPを用意して、1枚ずつ貼り直す手間が発生します。

デジタルサイネージであれば、この作業を効率化することが可能です。もし、文字の校正ミスや、直前の情報変更があっても、修正から表示までの時間は手動での貼り替えの時と比べて大きく手間が省かれることになります。

4. 低価格なクラウドサイネージツール「クラモニSTB」

上記4点を踏まえて、おすすめしたいツールが「クラモニSTB」です。

お伝えした事ができるのはもちろんのこと、その価格も非常にリーズナブルです。

クラウドサイネージの導入をご検討のお客さまにとって、ネックとなる部分は初期導入費用かと思います。

ですが、「クラモニSTB」は機器本体の価格が19,800円と非常に安価な上、月額のランニング費用も1店舗1台で980円となっております。

導入にあたってのハードルが低く、購入前に一度使用してみたいというお客さまに対しては「2週間無料貸し出し」のトライアルプランもございます。

⇒クラモニSTB詳しくはこちら

くら寿司様での導入事例はこちら

5. まとめ

デジタルサイネージは、飲食店にとってさまざまなメリットがある広告手段です。

多くの人の目にとまりやすいコンテンツを表示して集客したり、手間をかけずにコンテンツの更新・運用をしたりすることができます。

ご相談は無料で、導入の設置場所・通信環境などシチュエーションに合わせたサイネージなどもご提案可能です。

是非お気軽にお問合わせください。

⇒お問合せはこちら

New / 新着記事

もっと見る

Ranking / ランキング