リアル×デジタルマーケティングのヒントが集まる

オフィスへのサイネージ導入、その効果とは

販促現場におけるPOPのデジタル化については最近よく耳にしますが、デジタルサイネージは店頭販促に使うものだけではありません。

近年、徐々に需要が出始めているのはオフィスサイネージです。

社内の情報共有やお客さまへの案内掲示など利用用途は多岐に渡ります。

本記事では、オフィスや工場等の社内施設へのサイネージ導入によってどのようなメリットがあるのか、どのような利用用途があるのかをご紹介いたします。

目次

1. オフィスサイネージとは

「働き方改革」や「コロナ禍によるテレワーク推奨」などで環境の変化が激しい現在のオフィス環境において、社員同士のコミュニケーションが課題となっています。

情報共有の漏れを防ぎ、共通の意識喚起を促すことは出社状況がバラバラ状態では困難といえるでしょう。

従来は、電話やメール、掲示板などが活用されてきましたが、現在では、さらにコミュニケーションを活性化させる便利なツールが登場しています。そこで注目したいのが、オフィスサイネージです。

近年、広告や案内板などでよく見られるようになったデジタルサイネージを、社内の情報共有ツールとしてオフィス内やエントランス、休憩室などの共有空間に設置することにより社内で情報共有や業務の効率化が可能になります。

それでは具体的にオフィスにサイネージを設置することによるメリットを3つご紹介します。

2. オフィスにサイネージを設置するメリット

メリット①

情報の漏れを無くし、意識づけを行うことができる

さまざまな社員に向けて、必要な情報を必要なタイミングで伝えるのは難しく、メール、共有チャットなどでの発信を行ったとしても日々大量のメールや連絡が行き来する社員にとって読む必要が有る情報なのか、その判断は受け取る側に委ねられてしまいます。

その結果、情報伝達に漏れが生じる可能性があります。

オフィスサイネージを設置し従業員に周知させたい情報を繰り返し配信することで、オフィスの全員に漏れなく同じ情報を何度も伝えることができます。

毎日繰り返し情報を流すことは、社員への意識づけにつながります。例えば、注意事項や書類提出の締切日程の連絡など、社員の意識に浸透させたい時にはオフィスサイネージは有効といえるでしょう。

メリット②

コミュニケーションツールとして活用できる

先程は社員へ情報を漏れなく発信するという用途をご紹介しましたが、放映するコンテンツとして有効なのは連絡事項やメッセージなどだけではありません。

フラットなコミュニケーションツールとしての活用も可能です。

例えば、社内イベントの日時や内容を表示したり、新入社員の自己紹介や社内イベントの映像を流したり、社員同士の会話のきっかけになるような楽しいコンテンツがおすすめです。

業務内容だけでなく、息抜きのコンテンツを放映すことによりリラックス時間を活用して社員への気づきを促し、社内コミュニケーションの活性化にも効果を発揮します。

メリット③

社外からのお客さま様に対しての自社紹介に活用できる

3つ目のメリットは社外の方向けの自社紹介へとつながる点です。

オフィスのエントランスや受付は、お越しいただいたお客さまやビジネスパートナーとの最初の接点となります。

そこでデジタルサイネージを活用することによって、効果的に情報伝達やブランディングをはかることができるのです。

配信するコンテンツの例としては、自社の沿革や事業説明や強み、商品の紹介や特徴などをエントランスでお待たせしている時間に、見てもらうことにより効果的に自社を知ってもらうことが可能です。

また、フロアマップを放映してお客さまが訪問したい部署のある場所をお伝えしご案内することもできます。

3. オフィスサイネージにおすすめのツール

ここまでオフィスへのサイネージ導入の効果についてご説明しましたが、実際導入に向けて検討される際に懸念されることはサイネージへのコンテンツ配信はどのように行うのかというところです。

テレワークを導入されている企業が多く出社回数が必然的に減っている昨今において、USBやSDカードにコンテンツを落とし込み、会社に出社しサイネージに挿し込むという作業は手間なように感じる方も多いかと思います。

そこでご紹介したのがクラウドサイネージシステム「クラモニSTB」です。

「クラモニSTB」は設置時にサイネージとHDMIケーブルで繋ぐだけという簡単な初期作業で設置が完了します。サイネージのクラウド化によりコンテンツ配信は自宅のパソコンから行うことができるので、テレワークなどでも問題なく作業できます。

⇒クラウド型のオフィスサイネージにおすすめの「クラモニSTB」詳しくはこちら。

4. まとめ

社内の情報共有やコミュニケーションは企業にとって欠かせない取り組みであり、昨今の大幅な環境の変化により、その重要性はますます高まっています。

オフィスサイネージは社内への情報伝達、周知に長けており、社内コミュニケーション活性化の有効な手段のひとつです。

また、自社社員のみならずクライアントをはじめとした外部の方への情報発信としても大きなメリットがあります。

ぜひ、導入をご検討下さい。

⇒お問合せはこちら

New / 新着記事

もっと見る

Ranking / ランキング